生ごみ処理機




生ごみ処理機の担う社会的役割

生ごみ処理機を使うことで、なぜ地球に優しいかというと、それは生ごみが含む水分量の多さが要因です。

生ごみは他の可燃ごみと比べても水分を多く含みます。

それをごみ焼却施設で燃やすときにかかる燃料が他の可燃ごみに比べ遥かに多く必要となり、

燃やす時に発生するCO2(温室効果ガス)の量が他の可燃ごみよりも多く発生します。

それを各家庭で事前に処理し、水分量を減らした状態で可燃ごみとして出すことで、

結果、CO2(温室効果ガス)の削減に繋がり、生ごみ処理機は環境に良いのです。

消費者にとっての生ごみ処理機を使うメリット

生ごみを出す時の臭いがなくなる

消費者にとって一番のメリットはこれではないでしょうか。

生ごみを家に置いておくと、臭いや腐敗が気になるものです。

それが生ごみ処理機を使うことで、臭いや腐敗はなくなります。

非常に気持ちが良いものです。

堆肥になる

生ごみ処理機にもよりますが、処理の終わった生ごみは堆肥にもなります。

家庭菜園等を行っている家庭では非常に嬉しいことではないでしょうか。

生ごみをそのまま堆肥として使うには腐敗や害虫の発生で上手く堆肥として機能しないこともあると思います。

しかし、生ごみ処理機を通して堆肥として使うことで、腐敗や害虫の発生の心配もなく、

非常に有効な有機肥料として価値を生みます。

生ごみ処理機を実際に使ってみてのレビュー

僕自身も2016年から自宅でPanasonic製の生ごみ処理機を使っています。

実際に使ってみての感想はやはり、

臭くなくなる。

可燃ごみが軽くなる。

毎回処理された後の茶色い土のような生ごみを見て清々しい気分になる。

等、良い事が少なくとも3つ以上あります。

一石二鳥ならぬ、一石三鳥です。

生ごみ処理機をまだ使ったことがない、若しくは購入を迷っている方は

地球にとっても、自分自身にとってもメリットのある生ごみ処理機をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

自信をもっておすすめします。

今日のひとこと

生ごみは処理機によって生まれ変わる。堆肥にもなる。